美容

バルクオム製品に含まれる主な成分のアレルギー反応チェックリスト

人気メンズスキンケアブランドのバルクオム。スキンケアに興味を持ち、「これからバルクオムの製品を使ってみようかな??」と思っている人も多いと思います。

ただ、肌に直接使うスキンケアグッズは、使う前にアレルギー反応のチェックをしっかりしておいたほうがいいです。アレルギー反応がある成分が含まれており、使ってみたらアレルギーが出てしまったなんてことになったら、肌を綺麗にするためのスキンケアが台無しになってしまいます。

そこで今回、バルクオム製品に含まれる主な成分をリストアップし、それらにアレルギー反応があるのかどうかをチェックしてみました。バルクオム製品を使ってみたいけど、アレルギー反応が気になる方はご覧ください。

 

バルクオム製品に含まれている主な成分のアレルギー反応チェック

バルクオムに含まれている主な成分と、それらがアレルギー反応があるかを解説していきたいと思います。

バルクオム製品に含まれている主な製品がこちらです。

バルクオム製品の主な成分
  • リンゴ果実培養細胞エキス
  • 温泉水
  • グリセリルグルコシド
  • 加水分解シルク
  • チャ葉エキス
  • ユズ果実エキス
  • セイヨウシロヤナギ樹皮エキス
  • クレイミネラルズ
  • トレハロース
  • イチゴ種子エキス
  • アーチチョーク葉エキス
  • スクワラン
  • アロエベラ葉エキス
  • シロキクラゲ多糖体
  • オリーブ油PEG-7エステルズ
  • セラミド3
  • ジヒドロキシプル
  • γ-ドコサラクトン
  • 加水分解コラーゲンエキス

 

上記成分がそれぞれがどのような成分でアレルギー反応があるのかどうかをまとめていきたいと思います。

 

リンゴ果実培養細胞エキス

リンゴ果実培養細胞エキスの主な効果はターンオーバーの促進です。

Check point

ターンオーバーは簡単に言うと肌が生まれ変わることを指します。

綺麗な肌作りに貢献してくれる成分となっています。

リンゴ果実培養細胞エキスは外原規2006規格の基準を満たしており、アレルギー性の報告もないので安全な成分となっています。

 

温泉水

温泉水は保湿や血行促進が主な効果になります。皮膚を柔らかくしてくれる成分となっています。

温泉水には毒性がありませんが、含まれている金属や化学物質などで低刺激があり、アレルギーが起こることがあるので敏感肌やアトピー性皮膚炎の方は少し注意が必要です。

 

グリセリルグルコシド

日本酒から抽出された成分で、ターンオーバーを促進したり、メラニンの生成を抑制したりと肌に嬉しい効果をもたらしてくれます。

グリセリルグルコシドも特にアレルギー報告はないので安全に使用することができます。

 

加水分解シルク

加水分解シルクは蚕の絹繊維を構成するタンパク質であるィブロインを酸、アルカリまたはタンパク質分解酵素の下で加水分解して得られる可溶性シルクのことを指します。皮膚のバリア機能を高めてくれる効果があります。

加水分解シルクもアレルギー性はないのでアレルギーを心配している方でも安心して利用できます。

 

チャ葉エキス

チャ葉エキスはチャノキという植物から抽出されるエキスです。抗酸化作用があるためアンチエイジング効果が期待できます。

チャ葉エキスは医薬部外品原料規格2006に収載されており、今までアレルギー報告はほとんどないのでアレルギーの心配はありません。

 

ユズ果実エキス

ユズから抽出されたエキス。保湿作用や血行促進作用がある成分になります。

医薬部外品原料規格2006に収載されており、今までにアレルギー報告もほとんどないのでアレルギーの心配はありません。

 

セイヨウシロヤナギ樹皮エキス

セイヨウシロヤナギ樹皮エキスは肌の乾燥を改善する効果があるので乾燥肌で悩んでいる人には嬉しい成分です。

アレルギーの報告も見当たらなかったのでアレルギーの心配はないかと思います。

 

クレイミネラルズ

皮脂に含まれるオレイン酸を吸着する作用に優れている成分です。

クレイミネラルズもアレルギー報告は見当たらなかったので、特にアレルギーの心配をすることはないと思います。

 

トレハロース

「生命の糖」と呼ばれる天然由来成分。高い保水機能があり、肌に潤いをもたらしてくれます。

トレハロースはWHOなどの国際機関から1日の許容摂取量を設定する必要なしと言われており、安全な成分となっています。

 

イチゴ種子エキス

イチゴ果肉の周囲にある種子から抽出した成分。皮膚のバリア作用や保湿作用を高めてくれます。

イチゴ種子エキスもアレルギー反応の報告は特に見当たらなかったのでアレルギーの心配は少ないと思います。

 

アーチチョーク葉エキス

アーチチョークという南ヨーロッパ地方に分布する植物から抽出したエキス。毛穴を引き締めてくれる効果があります。

アレルギー反応の報告もほとんどなく、安心して使用できる成分となっています。

 

スクワラン

スクワランは人間の皮脂と構造が似ており、肌に馴染みやすい成分となっています。角質層で擬似バリアを作り、乾燥から肌を守ってくれます。

敏感肌の人やアレルギー反応がある人でも使用できるので、アレルギーが心配な人でも問題はないでしょう。

 

アロエベラ葉エキス

アロエから抽出できるエキス。200種類以上の有効成分が含まれています。

医薬部外品原料規格2006にも収載されており、アレルギー反応の心配はほとんどありません

 

シロキクラゲ多糖体

シロキクラゲから抽出できるエキス。優れた抱水力を持ち、ベタつかずしっとりした使用感を生み出します。

シロキクラゲ多糖体もアレルギー反応の報告はほとんどありませんね。

 

オリーブ油PEG-7エステルズ

オリーブ油の保湿機能を保持しながらマイルドな洗浄機能を有する成分。

特にアレルギー反応があったという報告は受けていないので、安心して使用できるかと思います。

 

セラミド3

人間のセラミド構造に近づけて作られており、肌への浸透力が高く、保湿力に優れている。

ヒト型セラミドであるセラミド3には、ほとんどアレルギー反応の心配はありません。

 

ジヒドロキシプロアルギニンHCI

非必須アミノ酸の一つ。成長ホルモンを分泌させ、肌を綺麗にする働きを有しています。

アレルギー体質の人は過剰摂取するとアレルギー反応を起こすという報告があったので、アレルギーがある人は少し注意したほうがいいかもしれません。

 

γ-ドコサラクトン

ナタネ由来のトリートメント成分。髪内部の水分を守るヒートプロテクト機能を有しています。

γ-ドコサラクトンは安全性が保証されている成分で、アレルギー反応の報告も特に見当たりませんでした。

 

加水分解コラーゲンエキス

魚鱗由来のコラーゲンを加水分解したコラーゲン水。保湿力、保水力に優れています。

加水分解コラーゲンエキスもアレルギー反応の報告は受けていないので、安心して使用できます。

 

以上、バルクオム製品に含まれる主な成分をまとめてみましたが、一部成分を除いてほとんどアレルギー反応の報告は確認できませんでした

バルクオムは今一番人気なメンズスキンケアブランドで、多くの人に支持されています。そういった製品からアレルギー反応の報告を受けると大変なことになってしまうので、企業側もアレルギー反応がある成分の取り扱いにはかなり慎重になっているはずです。なので、アレルギー反応が気になる方でも安心して利用できる製品となっています。

 

Check point

バルクオム製品に含まれている成分はほぼアレルギー反応はなし

 

バルクオム製品を購入するならFACE CARE 2STEP COURSEがお得

これからバルクオム製品を購入しようとしているなら、FACE CARE 2STEP COURSEで購入するのがお得です。FACE CARE 2STEP COURSEならスキンケアの基礎である化粧水と乳液がセットで500円で購入することができます

 

通常価格の91%OFFで購入できるお得なコースとなっているので、これからバルクオム製品を購入しようとしている方はそのコースでお求めになってはどうでしょうか??

購入はこちら